Sample Image

結婚前のあいさつ

アイキャッチ画像

よくドラマなどで、結婚相手の親にあいさつに行くシーンがあります。男性が女性の両親の前で土下座をし、「娘さんと結婚させてください」というあのシーンです。ところで、実際はどうしているのでしょう?現代でもあのようにしているのでしょうか?気になるところです。

土下座をするかどうかはともかくとして、きちんとあいさつに行くことは結婚に向けての大切な段階です。これまで大切に育ててきた娘、あるいは息子さんと結婚して夫婦になり、ご両親はお父さん、お母さんという関係になるのですから、大きな節目の前にしっかりとごあいさつに行きましょう。一般に、結婚前のごあいさつは男性側が女性側のご家族に行います。なぜなら、結婚したら女性の姓が変わり、嫁ぐという形が一般的だからです。ごあいさつを計画する時間帯は、特に親御さんの方からご希望がなければ午後2時ごろの、食事に重ならないような時間帯がいいでしょう。

ごあいさつのタイミングは、二人の結婚の意志が固まった時点からできるだけ早めがいいでしょう。つまり、プロポーズが成功したらすぐに計画しましょう。2週間くらい余裕を見て、相手の親御さんの予定を聞いてもらい、日取りを決めます。さて、ここでは、結婚前の親へのあいさつについて、いくつか押さえておきたいポイントについて考えます。プロポーズ後からごあいさつまでの段取り、必要な準備、セリフなどです。男性側の場合と、女性側の場合に分けてお話ししていきます。


Copyright©結婚前の親へのあいさつについて All Rights Reserved.